2007年08月29日

農業男性の結婚相手探し 都市部の女性と交流会

農業地域の結婚問題です。これは個人の問題ではなく、地域の問題です。インターネットでは出会いとかいろいろありますが、実際の出会いの場は、なかなか減ってきたんですかねぇ?

(AGARA紀伊民報より引用)

 農業の後継者不足や高齢化対策として、未婚の農業男性と都市部の女性との交流の場を提供する「アグリパートナーサポート事業」が11月24、25日に田辺市で行われる。JA紀南や市、西牟婁振興局などでつくる「アグリパートナー地域推進協議会」が行う。2日間の農作業体験や懇談会を通して交流を深め、結婚にまで結びつけたい考え。9月28日まで男女の参加者を募っている。


 1日目は午後2時から5時まで地元果樹園などで農作業を体験し、午後6時から8時までホテルで懇談会を開く。2日目は午前9時から11時まで天神崎で清掃ボランティアをし、11時半から1時半までバーベキューをする。宿泊や交通費は主催者、飲食費は個人負担になる。

 市農政課によると、募集する女性は、県内や京阪神などの都市部に住み、真剣に農業後継者と結婚を考えている人。10月6日に大阪市で面談会を開く予定で、結婚に対して、より本気度の高い女性を選抜するという。農家の男性参加者も面談をして選抜する。参加者は男女とも15人ずつを予定している。

 協議会では、異性や結婚についての悩みや不安を持つ男性、家族に対して、要望があれば相談員が随時対応していくという。

posted by 30代独身結婚の悩み at 08:39| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。