2007年08月29日

農業男性の結婚相手探し 都市部の女性と交流会

農業地域の結婚問題です。これは個人の問題ではなく、地域の問題です。インターネットでは出会いとかいろいろありますが、実際の出会いの場は、なかなか減ってきたんですかねぇ?

(AGARA紀伊民報より引用)

 農業の後継者不足や高齢化対策として、未婚の農業男性と都市部の女性との交流の場を提供する「アグリパートナーサポート事業」が11月24、25日に田辺市で行われる。JA紀南や市、西牟婁振興局などでつくる「アグリパートナー地域推進協議会」が行う。2日間の農作業体験や懇談会を通して交流を深め、結婚にまで結びつけたい考え。9月28日まで男女の参加者を募っている。


 1日目は午後2時から5時まで地元果樹園などで農作業を体験し、午後6時から8時までホテルで懇談会を開く。2日目は午前9時から11時まで天神崎で清掃ボランティアをし、11時半から1時半までバーベキューをする。宿泊や交通費は主催者、飲食費は個人負担になる。

 市農政課によると、募集する女性は、県内や京阪神などの都市部に住み、真剣に農業後継者と結婚を考えている人。10月6日に大阪市で面談会を開く予定で、結婚に対して、より本気度の高い女性を選抜するという。農家の男性参加者も面談をして選抜する。参加者は男女とも15人ずつを予定している。

 協議会では、異性や結婚についての悩みや不安を持つ男性、家族に対して、要望があれば相談員が随時対応していくという。

posted by 30代独身結婚の悩み at 08:39| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

結婚とは 20代「幸」 40代「忍」 世代高いほど不満?

これが現実かもしれませんね。でも、「真実」ではないような気がします。やっぱり夫婦は、お互いのことは、大事に思っているものですよ。

(北海道新聞より引用)

 結婚への思いを漢字一字で表すと、二十代は「幸」だが、四十代は「忍」−。通信教育会社ユーキャン(東京)が行った子供のいる専業主婦の意識調査で、世代が上がるごとに結婚に対し、理想より現実への不満が強調されるという傾向が浮き彫りになった。

 六月にインターネットを通じ、二十代、三十代、四十代から各百人計三百人の回答を得た。

 二十代は「子供にも恵まれ、とても幸せ」などの理由で「幸」が16%と最も多く、「絆(きずな)」「耐」の順だった。三十代は「愛」が最多の12%。次に「耐」と「忍」が同率で続いた。一方、四十代は「夫婦お互い忍耐が必要」「自分自身より家庭、子供が優先」などの理由で「忍」が12%と最多。二位は同率で「幸」と「耐」が続いた。

 全世代に「家事や育児をしない日(主婦業の休日)はあるか」と質問すると、全体の88%が「ない」と回答。このため、同社は世代が上がるにつれてみせる傾向について「主婦業が多忙であることと、夫の理解不足が背景にある」と分析している。

 一方、夫に一番望むもの(選択式で回答)は「優しい言葉などの愛情」が26%と最も多く、「家事や育児への協力」が21%、「収入アップ」は18%だった。


posted by 30代独身結婚の悩み at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

女30代、O-netに突撃取材!結婚情報サービスってどうなの?

結婚はしたいんだけど、まだいいかな・・・、なんて考えている30代の方、これが現実です!直視しましょう。

(livedoorニュースより引用)

女・ライター・30歳・彼氏ナシ。20代後半になってからというものの、出会いの機会が突然減った。今さら合コンになんて呼ばれないし、友人たちと夜遊びに出かけるパワーもなくなってきた。まわりに古き良き世話焼きおばさんみたいな人もいないし、職場で探すなんて居心地も悪くなりそうだしもってのほか。このまま「彼氏がほしい、結婚もしたい」とぼんやり夢を見ながら年をとっていくのだろうか……。

「そんな考えていたら、あっという間に手遅れになりますよ!」

 おぉっと、きびしい一喝! 声の主はO-net横浜支社・支社長である平川ゆかりさん。O-netのアドバイザーとして、今まで多くの出会いと結婚の現場に立ち会ってきた「アドバイザーのプロフェッショナル」である。平川さん、颯爽とノートPCを開くと、何やら意味シンな数字の並ぶデータを見せてくれた。

「例えば32歳・年収450万円の女性が、30代男性の平均年収である450〜600万円、身長165〜175センチ、大卒、首都圏の結婚相手を探すとしましょう。そんな女性でも良いと言う男性、つまりお互いマッチする男性は……」

 慣れた手つきで数字を打ち込んでいく平川さん。これはO-netで結婚相手を探す際にまず最初に行う「データマッチング」というシミュレーションだという。最後にキーを弾いて出てきた数字は……1054名。O-netの会員総数は約5万人だというから、確かにこれぐらいはいても不思議ではないかもしれない。

「じゃあこれを、女性の年齢を38歳にしてみましょう」

 まさかそれほど変わるまい、とタカをくくってはいたものの、出た数字を見て唖然。なんと242人にまで減っている。つまり単純に考えて、出会いのチャンスが5分の1に減ったわけだ。

「男性が『そろそろちゃんと結婚を考えないと』と考え出すのが35〜38歳ぐらい。O-netの男性会員で一番多いのもそのあたりの年齢ですが、男性は大抵自分の年からマイナス5歳ぐらいの相手を選びたがる。そうなると必然的に、女性のボーダーも35歳前ぐらいになるんです」

 数字を見せられた後に聞くと、じつにシビアに響く話である。しかし、てっきりボーダーは30歳なのかと思いきや、ここ最近はそうではないようだ。

「でも、30歳は女性側の考え方が変わるという意味ではひとつのボーダーになっていますね。30歳を過ぎると、自分から努力をしなくなる人が多いんです。今さら1から何かを勉強したくない、自分を変えたくないっていう人が……でも20代ぐらいだとそういうのがわからなくて、あっさり相手に染まっちゃったりするでしょ。男性もそういう素直さがあるから若い女性が好きだと思うんですよ。それに、30歳を過ぎるとある程度知識がついてくるから、相手に求めるものも大きくなる。つまり、自分はありのままでいたいのに、相手には過大な要求を突きつける、というパターンになるわけです。」

 うぅ、み、耳が痛い……。しかし、痛い話はまだまだ続く。「しかも、そういう女性に限って、男性は若い女性が好きだということを認めたがらない。と言うか正確には、自分はその範疇には入らないと思っている。『わかります、わかります、でも私は』みたいな。いえいえ、現実は結構、厳しいものですよ(笑)」

 耳から血が出そうです(笑)。平川さん、そんな厳しい現実と戦っていくには、どうしたら良いのでしょうか。

結婚のチャンスが減るということに対しては、どうしようもありません。少しでも早く危機が迫っていることに気がついて、何らかの手を打ってほしいと願うばかりです。でも、チャンスの数とは関係なく、最終的な決め手になるのは人柄です。相手の悪口を言う人、ケチばかりつける人は、何千人候補が上がってきたとしても、なかなか決まりませんね。どんなことも自分の問題として捉えられて前向きな方や、変にプライドが高くなくてアドバイスを素直に聞き入れて下さるような方は、男性も放っておかないですよ。一緒にいて心地良いんだと思うんです。」

 年齢の話でくじけそうになったものの、やはり最終的な決め手は人柄ということで、何とか持ち直す。私も今、動き出せば何とかなるかも!?

「30歳を過ぎると仕事が軌道に乗ってくる反面、恋愛に対しては、自分で相手を探そうとか、友達に紹介してもらおうというようなモチベーションがなかなか上がらなくなる方が多い。そんなときに出会いの機会を定期的にゲットできるこういうサービスを使うというのは、悪くない選択だと思うんですよね。」

 仮ではあるが、半年〜1年後に出会った相手と2年交際して、それから結婚……という流れで考えれば、私も何とか35歳の壁の前で立ち止まれそうだ。気になるお値段は、2年間の会員期間で40万円コースがスタンダードとのこと。値段によって紹介してもらえる人数や付けられるオプションが変わる。てっきり100万円ぐらいするのかと思っていたので、意外な値段にびっくり。

2年間ということは、単純計算すると、一番安いコースを選んだ場合ひと月1万円ちょっとってこと。確かに出会いを求めて実行する場所も気力もなく無駄に焦るよりも、スマートに理想の相手に辿りつけそうだ。




posted by 30代独身結婚の悩み at 16:48| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

独身女性が“結婚できない!”と思う瞬間

結婚で悩むのは、女性ばかりではありません。男性も、同じような悩みを持っていると考えたほうがいいでしょうね。男性の方もご参考に。

(livedoorニュースより引用)

株式会社オーエムエムジーが2001年に20代および30代の独身OL合計400名(首都圏・阪神圏在住)を対象に恋愛・結婚に関する意識調査を行ったところ、37.8%が「なるべく早くしたい」、38.9%が「いずれはしたいが今はまだしたくない」とし、合計76.7%が「結婚したい」と考えていることが分かった。

その後、2004年に「今のところ結婚したくない理由」について、東京・大阪・名古屋で調査したところ、地域によって微妙な違いがでたことも興味深い。例えば、東京の女性が今のところ結婚したくない理由のトップに挙げたのは「理想の相手がいないから」だった。大阪、名古屋のトップは「時間の自由がなくなるから」。「経済的自由がなくなる」ことを心配している女性が多いのは名古屋。「1人で充分生活できるから」と答えた女性が多かったのは東京だった。大阪の女性が他の地域の女性より多く心配していることは「生活習慣を変えなければならない」ことらしい。

さて「結婚したくない」女性の意見はたくさん耳にするが、心の底で「結婚しないのではなく、できないんじゃないだろうか」と思う瞬間はないだろうか。

上記2001年の調査では、「結婚できないと思ったことがあるか」という質問もされている。その結果「結婚できないと思ったことがある」と答えた30代女性は68%。そのうち「年齢的に結婚できないと思う」答えたのは12%だった。30代はまだまだ「結婚できない年齢」ではないらしい。

それではどんなとき「結婚できない」と思ったのだろうか。筆者が直接30代の独身女性たちに聞き取り調査を行なってみた。

「親が年をとってきたと思った瞬間。彼に面倒みてくれなんて言えない」(39歳)
「たいしたことないと思う女が、いい男と結婚してることに気が付いたとき。結婚してない私はそれ以下なのかと落ち込んだ」(36歳)
「今の職場では、もう恋が芽生えるとは思えないし、他に出会いもないと気づいたとき」(38歳)
「いつも遊んでた男友達のほとんどが、すでに結婚してると再認識したとき」(39歳)
「もう後がないから、結婚を焦らないと決めている。でも、彼にその気がないなら、一生独身かとも・・・」(33歳)

など。普段は強気な独女たちにも、顔が青ざめる一瞬があるのだ。

とは言いながら、独女たちは意外と楽観的。上記調査で「結婚できないかも」と答えた女性を含め、74.5%が「10年後、自分は結婚している」と考えている。たとえ「できないと思う」と考える瞬間があっても、いずれは「結婚するだろう」という明るさが独女を元気にしている。「しない」「できない」と決め付けるより、「そのうちしたくなるかもね」という気軽なスタンスの方が生きやすいのは確かだろう
 
posted by 30代独身結婚の悩み at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

独身女性の母たちの言い分「うちの娘は独女だけど、何か文句ある?」

口を開けば「結婚! 結婚! 結婚!」顔を合わせる度に、母親からうるさく結婚を催促され、母子関係が険悪になるケースは多い。なぜ、世の母たちは、それほどまでに娘を結婚させたいのだろうか?

結婚願望は無いのに、両親に対する負い目はあるんですよね。『結婚』って言う世間で当たり前の形があるから、それにはまらない私を心配しているんだろうなと思うと、最初から結婚制度が無ければ、両親に心配をかけずに済むし、私も親のプレッシャーから解放されて気持ちよく暮らせるのに・・・って考えちゃう。」

当通信ある30代独身女性の本音 結婚制度を廃止してしまえ! からの引用だが、独女通信の大ファン、地方都市に住む郁子さん(54歳)は、これを読んだとき、思わず拍手喝采をしたという。

郁子さんには、都内でひとり暮しをしている娘、裕美さん(32歳・大手保険会社の総合職)がいる。親バカを承知で言わせて頂くという前置きの後、「裕美は小学校の時から成績もよく、地元の公立高校から東京の有名私大に合格したときは、裕美の同級生の母親たちから羨望の眼差しを浴びたんですよ」
ところが今は。

「地元にいる裕美の同級生は、ほとんど結婚しているんですよ。土地柄のせいかもしれませんが、お婿さんはマスオさんで、二世帯住宅に住み、スーパーでも母子で買い物をする姿をよく見かけるんです。そういう時、私は母子と顔を合わせないようにしているんですよ。会えばどうしても裕美のことを聞かれるでしょ? 裕美さんはまだ東京ですか? とか、裕美さんのご結婚はまだ? とか。まだだと言えば、ご心配ねと同情される。それが嫌で」売り場からとっとと、逃げ出してしまうのだと苦笑する。

以前、郁子さんは近所で見合いの世話をしている高齢者の主婦に、裕美さんの縁談を頼みに行ったことがある。「お宅のように都会で1人暮しをしている娘さんは、見合いには不利だわ。結婚させたいと思ったら、娘は親元から離すべきじゃなかったね」と説教をされたそうだ。以来、見合いをさせる気は失せた。1人暮しの独女に偏見を持つ見合い制度なんか、こちらからお断りだと。

「私たちの頃は、女性の総合職などなかったし、仕事をしてひとりで生活するなど一部の人を除いてはできなかった時代です。だから養ってくれる男性を見つけて結婚する。それには一歳でも若い方が売り時だと親にせつかれ、それもまた当然のことだと結婚したんです。でも今は女性も仕事を持ち、生活力があるから、そういう意味では結婚する意味が昔とは変わってきましたよね」

結婚しない人生を選択することもありだと郁子さんは認めている。ただ世間には、頑張って生きている独身女性を負け犬だと、蔑む体質がある。それが独女を娘に持つ母たちに、多大なプレッシャーをかけているのだと指摘する。

「学生時代こそ仕送りはしましたが、就職してからは自活し、貯金もしているようだし、結婚しても親掛りの娘さんに比べて、よほどうちの娘の方が立派だと私は誇りに思っているんです。なのに、世間がねえ。」だから郁子さんは声を大きくして言った。「結婚制度なんて廃止してしまえ!」

とは言っても、孫の顔も見たいし、裕美には結婚してほしい。でも裕美がどんな人生を選ぼうが、応援していくつもりだと郁子さんは言う。

郁子さんと同じ街に住む麻子さん(会社員・28歳)は、最近3歳年上の姉(税理士)と一緒に、地元を離れ名古屋市内で二人暮しを始めた。家から一歩外に出ると、近所のおばさんたちから「まあ麻子ちゃん、まだお嫁に行かないの?」と声をかけられるのに辟易し、「娘が二人とも嫁にいかないのは、母親に問題があるからだ」と、祖母が口にしたことで、家庭内で嫁姑問題が勃発。私たちがいると家の中がもめるからを理由に、姉妹で家を出ることにしたのだという。

独女たちは親元を離れれば、こういう煩わしさからは回避できるが、母達は絶えず娘のことを案じながら、世間からのバッシングを必至と受け止めている。お母さん、そんなものは跳ね除けて! と言いたいが、自分のことでなく、娘のこととなると、母なる母性は、自分のこと以上に痛みを覚え、傷つきもする。結婚に対しても独身女性以上にプレッシャーを感じるものらしい。

もう一人、独女の母、道江さん(55歳・喫茶店経営)にお会いした。「音大を出たわけでもないのに、突然、声楽家でしょ? 結婚して平凡な主婦になってくれることを希望していたのに、晴天の霹靂です」短大卒業後、銀行に勤務していた沙織さんは、趣味で習っていた歌の道に進みたいと、銀行を退職、単身ドイツに留学した。「主人が生きていたらきっと反対したと思います。一人娘だし、年齢も三十歳ですから、これで結婚が確実に遠のくと、親戚からも留学を反対されました」

道江さんは五年前にご主人を亡くし、それから沙織さんとの二人暮しだ。「沙織とお婿さんと三人で暮らすことが夢だったんですけど、それは私の夢で沙織の夢ではなかったんです。私がいなくなれば沙織はひとりだから人生のパートナーをみつけてほしいとは思いますよ。でも、沙織がどんな人生を選ぼうが、それは沙織の人生ですから、私は精一杯応援していくつもりです」道江さんもまた、前述の郁子さんと同じく、独女の娘に熱いエールを送る。

「確かに世間体は気にならないといったら嘘になります。でも世の母親達は娘の幸せを願うから、結婚をしてほしいと思っているんです。それでも、結婚が幸せか幸せでないかを決めるのは、娘自身でしょ? 娘が結婚をしない人生を選択しても、娘の幸せを願わない母親などいませんよ」

あなたがそういう道を選んだのなら好きに生きなさい。もうお母さんは結婚のプレッシャーをかけません。「うちの娘は独女だけど、何か文句ある? 」そんなふうに世間とも渡っていきます。

こんな言葉が独女の母たちの口から聞こえればいいと思う。でもそのためには、独女は輝いていなければなりませんぞ。これも新たなプレッシャーだったりして。
posted by 30代独身結婚の悩み at 00:00| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

リクルート「ゼクシィnet」が「マリッジブルーをどうしてる?」

こんな悩みもありますね。マリッジ・ブルー・・・


(リクルートより引用)

花ムコは自身喪失・花ヨメは不満爆発!愛する人との結婚を、ヒトはなぜ不安に思うのか?

 リクルートの結婚&新生活情報総合サイト「ゼクシィnet」(http://zexy.net/)では、マリッジブルー事情に関するアンケートを実施しました。幸せへの道のりに訪れるこの厳しいヤマを、みんなどうやって乗り越えているのかをレポートします。


マリッジブルーのピークは挙式半年前

 「結婚が決まってからマリッジブルーになった」という人は89%も。不安なく挙式を迎える新郎新婦はかなり少ないようです。また、「マリッジブルーで結婚をやめようと考えた人」は42%で、みんなかなり追いつめられているもよう。マリッジブルーになった時期は、結婚式の「半年前」が最も多く、続いて「1年」、「3か月」。「1か月」以下は1割ほどでした。挙式直前になれば、「もうするしかない」と腹をくくれるものなのでしょうか。いまは辛くとも、時が解決してくれるのかもしれません。

 マリッジブルーの原因としてトップに挙がったのが「パートナー」との問題。結婚式への準備期間で、相手のマイナス点が見えてきたという指摘は多いようです。また、生活に対する考え方の違いや、結婚準備で頼りにならない男性に不満を持って、という花嫁の声も多数ありました。
次いで多かったのは「自分のこと」。男性の場合、相手を幸せにできるのか、という男としての責任への不安を感じている人が目立ちました。女性だと、知らない土地へ嫁ぐ環境の変化や、仕事をやめて家庭に入ることの喪失感などもマリッジブルーの原因になっているようです。結婚への道のりは希望と不安の隣合わせなのですね。

 そんなマリッジブルーの危機を乗り越える相談相手は、やはり「パートナー」がトップでした。「不安・不満を彼に話したら、不機嫌になりつつ全部直してくれたから(27歳・女性)など、思い切って伝えてみると、相手が理解を示してくれたというケースは多いようです。その結果、愛情を再確認できた、とたくさんのカップルが答えています。
次に多いのが「友人」、「親」など、信頼できる身近な人。特に相談相手が既婚者だと、同じような経験から解決策をアドバイスしてもらえて、強力な助けになるようです。
また、「友人と話すことで気持ちがすっきりした」(26歳・女性)と、話してみるだけで気持ちが落ち着くということも。とにかくひとりで悩まず、いろんな人の意見をしっかり聞くと、思いがけない解決策が見えてくるはずです!



posted by 30代独身結婚の悩み at 00:00| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

結婚支援SNSサイト『マリッジネット』が大幅リニューアル

独身諸氏によいサービスですね。SNSで結婚支援サービスですか。面白い発想ですね。しかも無料で参加できるところがイイ!

(PRONWEB WATCHより引用)

迷っている独身諸氏はまずは無料の准会員から

 スポーツや音楽など、さまざまなカテゴリーに特化したSNSが溢れている昨今。何も趣味だけではない、結婚相手を見つけることができるSNSサービスもある。結婚支援SNSサービス『マリッジネット』がその1つだ。
 仕事や移動の合間に携帯電話からもアクセスできるから、忙しい現代人にとって便利。しかも、交際を申し込むステップに進むには、身分証明書の提出が必須だから安心。そんな理由で支持を得ている同結婚支援サービスが、7月30日(月)にリニューアルオープンして機能面を充実させた。
 たとえば、訪問数の多い会員の上位10名を発表したり、気になる相手に「まずはお友達から」という“お友達メール機能”の追加、忙しくて相手を絞り込めない人には“お任せサポート”で相手を紹介、マイページに写真入りで参加コミュニティが表示されるなど、積極的に使いたくなるような楽しいサービスが増えた。
 特筆すべきは、無料で結婚支援サービスを利用できる准会員(サービス制限あり)システムができたことだろう。いきなりお金を払って参加するのに抵抗がある人は、まず気軽に無料サービスから始めることができる。とはいえ、有料の正会員も従来の料金体制(男性8400円、女性6300円)から、男女一律3150円と実にリーズナブルに改定されているのが嬉しい。
 “結婚相談所”的な堅苦しいものだと腰が引けてしまうかもしれないけれど、しっかりとした機能に守られた上で気軽に参加できるSNSならば、参加してみてもいいかもしれないと思うお年頃の独身男女も多いのでは?

posted by 30代独身結婚の悩み at 00:00| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

キャリア女性が選ぶ“結婚”最短ルート!国際結婚が働く女性の「婚期」を早める?

結婚相談所もここまでくると、だんだん社会的地位も高くなりますね。逆にこれくらいのステイタスがないと、やっていけないのかも。

(トレンダーズより引用)

キャリア女性が選ぶ “結婚” 最短ルート
国際結婚が働く女性の「婚期」を早める?!

日本人女性の社会進出が進み、女性が男性同様に働くようになり、女性の上司も増えたといわれているが、その数はまだ少ない。

厚生労働省の発表によると、2006年の民間企業の部長クラスに占める女性の割合は全体の3.7%にしか及んでいないのが現実だ。 そんな中、欧米人男性(日本人男性を含む)と日本人女性のマッチングに特化した結婚情報サービスを提供し、数多くの出会いをサポートしてきたデスティナ・ジャパン(東京都港区南青山 取締役社長COO:小澤裕子)の女性会員たちは、経営者や医者、管理職などキャリアをもつ人が多い。 女性会員の平均年が550万円 という数字からも、彼女たちのキャリアの高さを伺える。

■ “経営者”や“医者”などのキャリアをもつ女性が結婚支援にデスティナを選ぶ理由

デスティナのキャリア女性である会員たちは、仕事での活躍は華々しいものの、キャリアを持っているがゆえに、未だ男性側が敬遠される傾向にあることも、日本の社会では少なくないのが現実だ。 そうしたキャリア女性たちが、出会いの場としてデスティナを選ぶ理由は、結婚に妥協したくないという思いが年々強くなってきていることが言える。いまだに結婚相談所に対するネガティブな印象がありながらも、デスティナに入会するのは、彼女たちが望む結婚、求めている男性と出会いがデスティナにはあると判断するからだ。 彼女たちに共通する主な入会理由は下記のとおり。

1.)今の生活レベルを結婚によって下げたくない (=自分と同じか、それ以上の年収レベルの男性を求めている)

2.)同じ価値観をもつ男性との出会い (=充実した生活で培ってきた価値観の一致)

3.)結婚後も自分の可能性を広げたい (=専業主婦を求めず、女性のキャリアや夢を認める欧米男性の感覚が理想)

4.)パーソナリティーの尊重 (=妻や母親としてだけでなく、結婚後も一人の女性としてありつづける環境の重要性)

5.)愛情にあふれた、より豊かな生活を送りたい (=海外での生活は豊かさを感じさせる。夫婦愛、家族愛を重視)

男性の入会審査は特に厳しく、年収の基準を600万円以上(平均年収)と設けている。 そのため、欧米人男性のみならず、日本人男性についても、社会的地位や収入レベルが高く、精神的にも落ち着いた男性が会員として活動。つまり、キャリアをもち、経済的にも安定している現代の日本人女性が求める男性層がデスティナに登録しており、理想の相手との出会いが実現するのだ。

このことから、欧米人男性との出会いをサポートしているデスティナは、利用価値の高いエクスクルーシブな結婚相談所であり、キャリアをもつ日本人女性には貴重な存在なのだ。

■ 「仕事も恋愛も充実させたい!」 効率的に理想のパートナー探しが可能

さらにいえば、バリバリ働く女性たちは、多忙で生活の範囲が決まってしまっている。「結婚したい!」と思ってはいても、普段の
生活の中での出会いは難しく、年齢的にも自分から出会いの場に率先して出て行くこと気後れしていまう。 そうした女性たちのために、希望するパートナー候補を世界中から探すのがデスティナの役目。 しっかりと要望を吸い上げ、さまざまな角度からマッチメーカーが親身になってサポートにあたり、通常の生活ではありえないドラマチックな出会いを実現させている。そんなデスティナにおいてこの度、会員以外からもお相手候補を探し出す最高峰のコース「ダイヤモンドプラン」(入会金250万円、成功報酬250万円)に、経営者である日本人女性が登録した。

posted by 30代独身結婚の悩み at 00:00| 30代独身 結婚の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。